婦人科

婦人科一般外来

婦人科一般外来

女性特有の症状・病気を幅広く診察いたします。気になることがあれば気軽にご相談ください。

対象の症状・病気

子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症、月経不順、貧血、子宮脱、膀胱炎、出血、腹痛、かゆみ、おりもの など

子宮頸がん検診


子宮頸がん検診

当院は、八王子市の子宮頸がん検診の実施医療機関です。対象者は八王子市に住民登録・外国人登録があり、ご自身や配偶者の勤務先、学校、人間ドックなどで受診の機会がない方となります。

市の検診以外で受診希望の方には保険適用で実施しています。

思春期外来

思春期外来

生理のお悩みは、初潮から間もない10代の患者様とこれから妊娠を計画している方では対応方法が大きく異なります。当院では年代の身体の特徴に合わせて適した治療方法をご提案します。

対象の症状・お悩み

月経不順(生理周期が短い・長い、生理が毎回10日以上続く)、月経困難(生理痛がつらい、出血量が多い、貧血になる)など

性感染症・感染症検査

性感染症・感染症検査

各種性感染症や感染症の検査が可能です。何らかの症状がある方は保険診療、ブライダルチェック等として受診を希望する方は自由診療となります。

対象の病気

  • 性感染症
    クラミジア感染症、淋菌、梅毒、HIV、トリコモナス など
  • 感染症
    B型肝炎、C型肝炎、カンジダ など

費用(自由診療の場合)

診療内容 費用(税込)
クラミジア検査PCR 5,000円 セット9,000円
淋菌(おりもの) 5,000円
梅毒(RPR、TPHA) 1,000+1,000=2,000
HIV抗体 3,000円
トリコモナス 3,000~4,500円
B型肝炎(HBs Ag(抗体)) 2,000円
C型肝炎(HCV Ab(抗体)) 2,000円
カンジダ(培養と鏡検) 3,000円

別途初診料・再診料などがかかります。また価格は予告なく変更となる場合がございます。

不妊症検査・治療

不妊症検査・治療

妊娠をご希望の方へ。排卵しているか、ホルモンバランスに問題がないか、といった基本的なポイントをチェックしてみませんか? 排卵してない場合は排卵誘発の治療が可能です。半年ほど治療して結果が出ない場合は、専門の不妊治療クリニックに紹介します。

対象の症状・お悩み

なかなか妊娠しない、生理が不規則でタイミングがわからない、など

更年期外来

更年期外来

当院では更年期障害の治療にホルモン療法と漢方療法を行っており、組み合わせて実施することも可能です。つらい症状でお悩みの方はぜひご相談ください。

対象の症状・お悩み

頭痛、めまい、憂鬱、集中力の低下、不眠、のぼせ、ほてり、食欲不振 など

家族計画相談

家族計画相談

夫婦のご希望や家庭の状況に応じて計画的にこどもを産み育てたい方へ。当院は経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊リングによる家族計画相談に対応しています。

経口避妊薬(ピル)

子宮内避妊リング

受精卵の着床を防ぐために、子宮の中に人体に無害なプラスチック器具を挿入します。コンドームやペッサリーのように毎回装着する必要がなく、高い避妊効果が期待できます。原則として経産婦様が対象で、装着と除去は必ず医師が行います。また、患者様によっては月経に影響が出る場合もあるため、医師と相談しながら安全に使用する必要があります。

費用(自由診療)

診療内容 費用
経口避妊薬(ピル) 2,500円(税込)/シート
子宮内避妊リング 2,650円(税込)

※別途初診料・再診料などがかかります。

男女産み分け相談

男女産み分け相談

理事長の外来診察日(月曜午前午後、木曜午前)のみ対応いたします。

リンカルS

男の子を希望する方向けのカルシウム製剤です。妊娠前に3ヶ月以上服用し、妊娠が確定するまで服用します。副作用はありませんが、医師と相談しながら服用中の体調変化に気をつけながら使用してください。

男女産み分けゼリー

概要と副作用・リスクについてご記入ください。

費用(自由診療)

診療内容 費用(税込)
リンカルS 3,300円(4週間分)
産み分けゼリー 7,300円(20mL入り)

経口避妊薬(ピル)

経口避妊薬(ピル)

ピルは避妊だけでなく月経周期の安定、月経痛や出血量の軽減、子宮筋腫や子宮内膜症の症状軽減にも効果が期待できます。また、避妊に失敗した際の緊急用アフターピルもご用意しています。

低用量ピル

ピルを服用することで血中の黄体ホルモンが増え、脳に排卵後と同じ状態であると錯覚させることで排卵を抑制します。また、生理が規則的になったり、ホルモン量の変動が抑えられることで生理前や生理後の不調が軽減されたりします。副作用として頭痛、むくみ、吐き気、極くまれに血栓症などを生じる場合があります。

費用(自由診療)

診療内容 費用(税込)
低用量ピル(トリキュラー、アンジュ) 2,500円/シート
アフターピル お問い合わせください

人工妊娠中絶

やむをえない事情で妊娠を継続できない場合、母体保護法に基づいて手術を行っています。妊娠中絶手術は妊娠週数によって、手術の方法・入院日数・費用が異なります。まずはご来院いただきご相談ください。安全な麻酔で施行いたします。